HOME>アーカイブ>保険診療ではありませんが画期的な治療方法です

革命的な治療方法

男女

インプラントとは、一般的に「しっかりと埋め込む」ことを指す言葉です。日本では歯科用語として定着し、人工歯根そのものをインプラントと呼ぶことがありますが、一般的には人工物を体に埋め込む治療法のことをいうのです。歯には普段見えている歯冠の部分と、歯茎の下に隠れている歯根の部分とがあります。虫歯などで歯が失われると、歯根の部分までなくなってしまいます。従来行われている入れ歯やブリッジは、残っている歯や歯茎などで支えながら人工の歯を取り付けるので、歯根は失われたままです。土台部分がないため、違和感を覚えることが少なくありません。その点インプラントは、人工歯根を埋め込むので違和感を覚えることがないです。これが歯科医療にとって革命的なことであり、横浜などたくさんの歯科医院で採用されるようになりました。

保険が効かない治療

横浜にはインプラント治療を受け付ける歯科医院が増えています。しかしインプラントは最新医療であるため、保険診療が効かないという性質があります。そのため費用の面がとても気になるという人が少なくありません。これは治療を受ける歯科医院によって異なりますが、歯1本あたり約20万円が相場といわれています。またこの他に、インプラントの上にかぶせるアバットメントと人工歯の料金が必要であり、これはインプラントと同じくらいの値段です。つまり、治療相場としては歯1本あたり40万円前後することになります。

医療費控除制度を活用

横浜でインプラント治療を受けたいと考えている人で、費用面を気にするケースはとても多いです。何故なら、この治療は保険診療が効かないからです。しかし医療費控除制度を活用すれば、医療費の負担を少なくすることができます。医療費控除とは、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超える部分について受けられる制度です。医療費控除を受ければ、高いと感じる治療費もかなり軽減できます。ちなみに医療費控除制度を受けて還ってくる金額は、全ての医療費から10万円を引いて、その額に所得税率を掛けた値になります。

広告募集中